戸越公園エリアの人気の矯正歯科ガイド|口コミ評判で選定 » 歯列矯正の歯科選びお悩み解決Q&A » 矯正に抜歯は必要なの?

矯正に抜歯は必要なの?

矯正治療の抜歯について

抜歯する理由

歯科矯正を検討している方が気になる「抜歯」「非抜歯」についてですが、症例によっては歯列の矯正をする際に抜歯が必要な場合もあります。それには次のような理由があります。

歯を移動させるためのスペース作り

日本人に多い「顎が小さい」という理由で起こる不正咬合ですが、成人の場合これ以上顎が成長をして大きくなることはないので、きれいに歯を並べるために抜歯をしてスペースを作ってあげることが必要なケースもあります。

後戻りのリスク回避

歯を移動させるスペースがそもそもないのに、無理やり移動をさせてしまうと、矯正後に歯がもとあった場所に戻りやすくなることもあります。抜歯をすることでこのリスクを軽減させることができます。

顔の印象が美しくなる歯並び作り

大きく重なった歯や出っ歯を、抜歯をせずに無理やり一列に並べてしまうと、口元全体が外側に盛り上がってしまうこともあります。歯並びはまっすぐになっても、顔の印象が気になる場合は抜歯をして収まり良く歯列を矯正する方がいいでしょう。

抜歯をした方が良い場合の症例は、ここで挙げたような「顎のスペースが狭い」「歯列の乱れが大きい」などといったものです。「重度の叢生(乱杭歯)」「過度の上顎前突(出っ歯)」「過度の下顎前突(受け口)」「上下顎前突(上下ともに歯が突出している)」のケースは、担当医師から抜歯の提案がある場合もあります。

抜かない選択肢もある

健康な歯を抜くことに抵抗があるという方も少なくないかと思います。それでは抜歯を避けられるケースというのは、どのような場合なのでしょう?
まずは不正歯列が軽度の場合です。歯の大きな重なりや突出がない場合は、抜歯をせずとも十分に歯列をきれいに整えられる可能性があります。またすきっ歯のように、歯間にもともと隙間があり歯を移動させる十分なスペースがある場合も、抜歯の必要がないことが多いです。

歯間が開いていない場合も、自然に再形成されるエナメル質を削り、歯を移動させるスペースを作ってあげる「ストリッピング」という治療法もありますが、こちらは軽度の重なりや突出の治療に限ります。

そのほか歯列の全体を大きく動かすための新しい治療法として、弱い力を継続的にかけてやることで歯の周囲の組織の新陳代謝を利用し、効率的に歯を移動させる「セルフライゲーションブラケット」や、顎の骨に埋め込んだチタン製のネジを支点として、歯列全体を大きな力で引っ張って移動させる「インプラント矯正」などもあります。

医療の進化に伴い、非抜歯でも可能な矯正方法も増えてきているので、担当医師と相談しながら検討してみるのもいいでしょう。

戸越公園で口コミで評判の矯正歯科は?

抜歯をする/しないのメリット・デメリット

抜歯をしないことの最大のメリットは「健康な歯を抜かないこと」。しかし「抜歯をする理由」で先述した通り、非抜歯で矯正を行った場合、必ずしも目標としていた結果が得られないというパターンもあります。そのようなリスクを回避するために、噛み合わせに大きな影響のない「第二小臼歯」を抜くことで、短期間で無理なくバランスの整った歯並びを目指すことができます。

同時にしっかりと理解しておかなければならないデメリットは、全体の4分の1にあたる「健康な歯」を最大8本失うケースもあるということ。歯を抜いたところは、歯を支える骨が痩せてくるほか、全体的な噛む力も減少します。

まとめ

「非抜歯だから良い」「抜歯をした方が良い」など、さまざまな見解がありますが、大切なのはどちらにもメリット・デメリットがあることを理解することです。情報に惑わされずに、自分の希望やゴールに合った方法を、信頼できる医師と相談しながら決めて行きましょう。

はたらく女子の方必見! 戸越公園エリアのおすすめ矯正歯科3選

戸越公園周辺(戸越銀座・荏原中延など)の土曜診療をしているクリニックの矯正治療法の多さと
歯科口コミサイトの口コミ数を調査しました。みんなが支持している矯正歯科をチェック!
当サイトで紹介している土曜日に矯正診療をしているクリニックの中から、
矯正の種類数、口コミ数の多いクリニック3院を紹介します。※2019年6月時点の調査情報を元にしています。

宮下歯科室
イメージ
引用元:EPARK歯科
https://haisha-yoyaku.jp/bun2sdental/detail/index/id/1330948893/
ワイヤー
裏側
マウスピース
ハイブリッド
インプラント
部分

口コミ数

  • EPARK歯科:105

クリニックの電話番号

03-3787-2770

宮下歯科室の
公式サイトでチェック

電話で問い合わせる

荏原中延ファミリー歯科
イメージ
引用元:EPARK歯科
https://haisha-yoyaku.jp/bun2sdental/detail/index/id/1330981183/tab/2/
ワイヤー
裏側
マウスピース
ハイブリッド
インプラント
部分

口コミ数

  • EPARK歯科:32

クリニックの電話番号

03-6421-6619

荏原中延ファミリー歯科の公式サイトでチェック

電話で問い合わせる

中沢歯科医院
イメージ
引用元:中沢歯科医院公式HP
http://www.nakazawa-shika.com/staff.html
 
ワイヤー
裏側
マウスピース
ハイブリッド
インプラント
部分

口コミ数

  • EPARK歯科:41

クリニックの電話番号

03-3784-1511

中沢歯科医院の
公式サイトでチェック

電話で問い合わせる

歯科矯正治療とは
噛合せや歪んだ歯並びを治療する歯科治療です。基本的に健康保険対象外となり、全額自己負担となります。

歯科矯正治療の費用と期間について
矯正歯科の一般的な費用は、乳歯列期(乳歯のみの時期、平均的に3歳~6歳ぐらい)で30,000~200,000 円、混合歯列期(乳歯と永久歯が混在している時期、平均的に6歳~12歳ぐらい)で、150,000~600,000円、永久歯列期(永久歯に生え変わった後)で、500,000~1,300,000円とかなり幅があります。期間については乳歯・混合歯列期の治療で1~3年、永久歯列期で1~2年と言われています。
歯列矯正は自由診療なので症状やクリニックによって費用・期間ともに変動します。一度問い合わせてみることをおすすめします。

副作用について
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。
また、金属の装置による金属アレルギーなどの恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。

矯正器具について
インビザラインや一部マウスピース矯正器具など、矯正に使用する器具の中には、薬機法で未承認の医療機器を用いる場合がございます。機器については、クリニックや治療内容によって異なります。詳細については各クリニックに直接お問い合わせください。

インビザラインについて
インビザラインは厚生労働省未承認の、医療機器を用いた矯正方法です。医薬品副作用被害救済制度の対象外になります。入手経路については、クリニックによって異なります。また、インビザラインはアラインテクノロジー社(米国)の商標です。