戸越公園エリアの人気の矯正歯科ガイド|口コミ評判で選定 » 歯列矯正の歯科選びお悩み解決Q&A » 矯正の種類とそのメリット・デメリットは?

矯正の種類とそのメリット・デメリットは?

矯正治療の種類

矯正治療には、患者の歯並びや顎の状態、矯正を始める時期などによって様々な装置を使い分けします。ここでは成人の治療で使われる矯正装置をいくつかご紹介しましょう。

ワイヤー矯正

個々の歯の表面に「ブラケット」と呼ばれる小さな装置を特殊なボンドで貼り付け、そこにワイヤーを通して引っ張り、少しずつ歯を理想の位置に動かしていく、もっともポピュラーな歯列矯正治療法です。
全て金属でできた「メタルワイヤー」、歯の色に近いワイヤーとブラケットの「ホワイトワイヤー」「セラミック」、歯の裏側に取り付けるので表から見えない「舌側(裏側)矯正」などがあります。

デーモンシステム

従来の製品とは全く異なった構造を持つ、超精密なブラケットでアメリカの歯科矯正医であるDr. Dwight H. Damonによって考案されました。ブラケットにワイヤー強く縛りつけるのではなく、ハイテクワイヤーを軽く接触させただけの弱い力で歯を動かすことが可能となり、痛みも少なく快適に装着できる長所があります。

ブラケットフリー矯正

歯の表面に装着するタイプですが、ブラケットを用いない新しいタイプの矯正方法です。ブラケット分の厚みがないので、口の中で接触・摩擦が起こらず違和感や痛みがほとんどありません。
歯磨きもそのままできるので日常生活への影響も少なく、外から見ても目立ちにくので、審美面が気になる方にもぴったりです。

裏側矯正

ブラケット型の矯正装置を歯の裏側につけるタイプ。装着したワイヤーベースにして、ゴムやバネ・形状記憶性のあるワイヤーを使用して、歯の移動を行います。上下のどちらにも使用できる矯正方法で、外側から見えにくい上、ほとんど全ての症例について使用できる可能性があります。

マウスピース矯正

ワイヤーで引っ張る方法ではなく、取り外し可能なマウスピース型の装置で歯を移動させます。1つのマウスピースで大幅な歯の移動はできないので、歯の移動が完了するたびに新しいマウスピースに交換していき、連続した歯の移動を行います。
治療の歴史が比較的浅く、ワイヤー矯正と比べノウハウが確立されていない傾向がありますが、「目立たない」「痛みが少ない」などといった理由から、選ばれる方も多い特徴があります。

ハイブリッド矯正

矯正器具を使い部分矯正を行いながら、既存の歯の表面に白いセラミックをかぶせて、白く噛み合わせの整った歯並びに改善する方法です。セラミック矯正自体は別名「クイック矯正」とも呼ばれ、短い期間で綺麗な歯並びを手に入れられる方法として知られていますが、健康な歯を削ったりなどすることで歯の寿命が短くなる可能性もあるので、しっかりとリスクを理解した上で検討しましょう。

インプラント矯正

チタン製のネジを顎の骨に埋め込み、それを支点に強い力で引っ張り歯列全体を動かす矯正方法です。一般的なブラケット矯正は、奥歯などを支点として歯を引っ張るので、奥歯自体が前側に引っ張られてしまうリスクもありますが、この方法では動くことのない強固な支点を利用するので、より強い力で短期間の歯の移動が可能となります。

戸越公園で口コミで評判の矯正歯科は?

矯正種類別のメリットとデメリット

表側矯正

ワイヤーとブラケットを使用する、最も一般的で治療実績が豊富な治療方法。「凸凹の歯並び・受け口・出っ歯」など、ほとんどの症例と幅広い年齢に適用できるメリットがあります。また装置が舌に触らないので、食事の時や発音をする際にも邪魔になりにくい傾向があります。
デメリットとしては、歯の表面の目立つ箇所に装置をつけるので、見た目を気にする患者には心理的ストレスがかかります。またブラケットの厚み分、口元が少し出てしまいます。

従来とは違う精密な構造でワイヤーを引っ張る「デーモンブラケット」や、ブラケットなしのワイヤーのみで歯を引っ張る「ブラケットフリー矯正」は、新しい表側矯正として注目されています。従来のブラケットでのジレンマを解消できる部分もあるので、治療の選択肢として知っておき、医師に相談してみるものいいでしょう。

裏側矯正

裏側につけるタイプなので、歯の表面をしっかりと磨くことができ衛生的であるメリットがあります。また矯正器具が外から見えないので、目立たないように治療を行い方にも適しています。しかし舌に装置が当たってしまい、矯正を始めたばかりの時は強い違和感や摩擦から舌に口内炎ができたりもします。そのほか「さ行・た行・ら行」が発音しにくくなることもあります。

マウスピース

マウスピース矯正の最大のメリットは「取り外しが可能」である点です。食事や歯磨きの際にもストレスがなく、虫歯のリスクを軽減することができます。また適度な力での歯の移動なので、強い圧迫感や痛みに悩まされることも少ない傾向があります。
しかし、全てのタイプの歯列に有効ということではなく、大きな歯の移動が必要な場合には不向き。また医師から指示された時間をきちんと守って装着していないと、動いた歯も元の位置に戻ってしまい、治療が長引くケースもあります。

まとめ

さまざまな矯正装置の特徴についてご紹介しましたが、いかがでしたか?それぞれに良い点・悪い点があるので、医師としっかり相談をして、自分のライフスタイルに合った、続けやすく確実な方法を選ぶようにしましょう。

はたらく女子の方必見! 戸越公園エリアのおすすめ矯正歯科3選

戸越公園周辺(戸越銀座・荏原中延など)の土曜診療をしているクリニックの矯正治療法の多さと
歯科口コミサイトの口コミ数を調査しました。みんなが支持している矯正歯科をチェック!
当サイトで紹介している土曜日に矯正診療をしているクリニックの中から、
矯正の種類数、口コミ数の多いクリニック3院を紹介します。※2019年6月時点の調査情報を元にしています。

宮下歯科室
イメージ
引用元:EPARK歯科
https://haisha-yoyaku.jp/bun2sdental/detail/index/id/1330948893/
ワイヤー
裏側
マウスピース
ハイブリッド
インプラント
部分

口コミ数

  • EPARK歯科:105

クリニックの電話番号

03-3787-2770

宮下歯科室の
公式サイトでチェック

電話で問い合わせる

荏原中延ファミリー歯科
イメージ
引用元:EPARK歯科
https://haisha-yoyaku.jp/bun2sdental/detail/index/id/1330981183/tab/2/
ワイヤー
裏側
マウスピース
ハイブリッド
インプラント
部分

口コミ数

  • EPARK歯科:32

クリニックの電話番号

03-6421-6619

荏原中延ファミリー歯科の公式サイトでチェック

電話で問い合わせる

中沢歯科医院
イメージ
引用元:中沢歯科医院公式HP
http://www.nakazawa-shika.com/staff.html
 
ワイヤー
裏側
マウスピース
ハイブリッド
インプラント
部分

口コミ数

  • EPARK歯科:41

クリニックの電話番号

03-3784-1511

中沢歯科医院の
公式サイトでチェック

電話で問い合わせる

歯科矯正治療とは
噛合せや歪んだ歯並びを治療する歯科治療です。基本的に健康保険対象外となり、全額自己負担となります。

歯科矯正治療の費用と期間について
矯正歯科の一般的な費用は、乳歯列期(乳歯のみの時期、平均的に3歳~6歳ぐらい)で30,000~200,000 円、混合歯列期(乳歯と永久歯が混在している時期、平均的に6歳~12歳ぐらい)で、150,000~600,000円、永久歯列期(永久歯に生え変わった後)で、500,000~1,300,000円とかなり幅があります。期間については乳歯・混合歯列期の治療で1~3年、永久歯列期で1~2年と言われています。
歯列矯正は自由診療なので症状やクリニックによって費用・期間ともに変動します。一度問い合わせてみることをおすすめします。

副作用について
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。
また、金属の装置による金属アレルギーなどの恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。

矯正器具について
インビザラインや一部マウスピース矯正器具など、矯正に使用する器具の中には、薬機法で未承認の医療機器を用いる場合がございます。機器については、クリニックや治療内容によって異なります。詳細については各クリニックに直接お問い合わせください。

インビザラインについて
インビザラインは厚生労働省未承認の、医療機器を用いた矯正方法です。医薬品副作用被害救済制度の対象外になります。入手経路については、クリニックによって異なります。また、インビザラインはアラインテクノロジー社(米国)の商標です。