戸越公園エリアの人気の矯正歯科ガイド|口コミ評判で選定 » 歯列矯正の歯科選びお悩み解決Q&A » 矯正の痛みは?

公開日: |更新日:

矯正の痛みは?

矯正の痛み(矯正痛)

歯が動くときの痛み

矯正治療において痛みを感じるタイミングですが、まずは「歯が動く時の痛み」。装置をつけた後や装置の調整を行なった後に感じることがあります。
装置つけ始めから2〜3日は疼くような痛みが生じることもありますが、長く続くというわけではありません。痛みに個人差はあり、違和感・締め付け感・引っ張られるような感覚という方もいます。

食事のときの痛み

食事の時の痛みは、装置を取り付けた当日から始まる場合があります。歯が押されている・歯が浮いているといったような強い不快感や、硬いものが噛めないほど痛いというケースまで、さまざま。
そんな場合は、「硬いものは避ける」「柔らかくなるまで調理する」「咀嚼回数を減らすため、細かく切る」「熱いもの・冷たいものを避け、刺激しない」「少ない量でも栄養価の高いものを摂取する」といったことを意識して、体力を落とさないようにしましょう。

矯正装置があたるときの痛み

ブラケットタイプの矯正装置が、口の中や舌にあたり痛みを感じることもあります。特に口の中の粘膜に接触することで起こる「カタル性口内炎」は、腫れや水ぶくれになってしまうこともあります。唾液の量が増えて口臭の原因となったり、口の中が熱く感じる、またヒリヒリして食べ物や飲み物がしみる場合もあります。

戸越公園で口コミで評判の矯正歯科は?

痛みを軽減する方法

食事の時痛みがある場合は、先にご紹介した方法などで工夫をしてみることをおすすめしますが、装置が当たる場合には歯科用のワックスが有効です。痛みの緩和や矯正装置が壊れた際の応急的な修理にも使用できるので、とても便利です。

矯正治療に使用するワックスは、いろいろなメーカーから発売されており、多くの歯科クリニックでも取り扱っています。ちぎって使うタイプや、最初は柔らかく時間が経つと固まるタイプなど、さまざまです。使い方は、口の中にあたって痛い装置の鋭利な箇所につけてカバーをします。
また治療中にワイヤーが折れたりフックが当たったりする際にも活躍します。ワックスは、万が一飲み込んでしまっても人体にやさしい素材でできています。

ワックス以外にも、鎮痛剤を飲んだりレーザー治療を行うことで痛みを軽減できるので、痛みに悩んでいる場合は我慢をせずに担当医に相談をしてみましょう。

まとめ

矯正治療中の痛みと改善法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?歯科矯正に多少の痛みはつきものです。長期間にわたる矯正治療だからこそ、痛みと上手く付き合っていく必要があります。治療中に快適な日常生活を送るためにも、痛みは我慢せず、医師に相談をして適切な処置をしましょう。

はたらく女子の方必見! 戸越公園エリアのおすすめ矯正歯科3選

戸越公園周辺(戸越銀座・荏原中延など)の土曜診療をしているクリニックの矯正治療法の多さと
歯科口コミサイトの口コミ数を調査しました。みんなが支持している矯正歯科をチェック!
当サイトで紹介している土曜日に矯正診療をしているクリニックの中から、
矯正の種類数、口コミ数の多いクリニック3院を紹介します。※2019年6月時点の調査情報を元にしています。

宮下歯科室
イメージ
引用元:EPARK歯科
https://haisha-yoyaku.jp/bun2sdental/detail/index/id/1330948893/
ワイヤー
裏側
マウスピース
ハイブリッド
インプラント
部分

口コミ数

  • EPARK歯科:105

クリニックの電話番号

03-3787-2770

宮下歯科室の
公式サイトでチェック

電話で問い合わせる

荏原中延ファミリー歯科
イメージ
引用元:EPARK歯科
https://haisha-yoyaku.jp/bun2sdental/detail/index/id/1330981183/tab/2/
ワイヤー
裏側
マウスピース
ハイブリッド
インプラント
部分

口コミ数

  • EPARK歯科:32

クリニックの電話番号

03-6421-6619

荏原中延ファミリー歯科の公式サイトでチェック

電話で問い合わせる

中沢歯科医院
イメージ
引用元:中沢歯科医院公式HP
http://www.nakazawa-shika.com/staff.html
 
ワイヤー
裏側
マウスピース
ハイブリッド
インプラント
部分

口コミ数

  • EPARK歯科:41

クリニックの電話番号

03-3784-1511

中沢歯科医院の
公式サイトでチェック

電話で問い合わせる

歯科矯正治療とは
噛合せや歪んだ歯並びを治療する歯科治療です。基本的に健康保険対象外となり、全額自己負担となります。

歯科矯正治療の費用と期間について
矯正歯科の一般的な費用は、乳歯列期(乳歯のみの時期、平均的に3歳~6歳ぐらい)で30,000~200,000 円、混合歯列期(乳歯と永久歯が混在している時期、平均的に6歳~12歳ぐらい)で、150,000~600,000円、永久歯列期(永久歯に生え変わった後)で、500,000~1,300,000円とかなり幅があります。期間については乳歯・混合歯列期の治療で1~3年、永久歯列期で1~2年と言われています。
歯列矯正は自由診療なので症状やクリニックによって費用・期間ともに変動します。一度問い合わせてみることをおすすめします。

副作用について
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。
また、金属の装置による金属アレルギーなどの恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。

矯正器具について
インビザラインや一部マウスピース矯正器具など、矯正に使用する器具の中には、薬機法で未承認の医療機器を用いる場合がございます。機器については、クリニックや治療内容によって異なります。詳細については各クリニックに直接お問い合わせください。

インビザラインについて
インビザラインは厚生労働省未承認の、医療機器を用いた矯正方法です。医薬品副作用被害救済制度の対象外になります。入手経路については、クリニックによって異なります。また、インビザラインはアラインテクノロジー社(米国)の商標です。